日光市内で路線バスなどを運行する「東武バス日光」(本店・東京都墨田区)の運転士男性が、上司から退職強要やパワーハラスメントを受けたとして、会社と上司に損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、宇都宮地裁であった。国原徳太郎(くにはらとくたろう)裁判官は「退職強要や侮蔑の発言は、許される限度を逸脱して不法行為が成立する」とし、請求の一部を認め66万円の支払いを命じた。

 判決理由で、上司が「二度とバスに乗せない。退職願を書け」と発言したことについて、「悪質性が強い」と指摘。男性を「チンピラ」と呼んだ点は「業務上の指導を越え、過重な心理的負担を与えた」と認定した。一方、男性の接客態度には問題点を認め、上司の発言の一部は「指導の範囲を超えたとは言いがたい」とした。

 判決によると、男性は路線バスの運転士をしていた2019年7月、上司から接客態度の問題点を指摘された際、不当に退職を強要され、うつ状態となった。