壬生町総合運動場体育館に設置されたボルダリングウォール。子ども向けの教室も開かれている

 2020年東京五輪の正式種目として採用された「スポーツクライミング」。宇都宮市出身の楢崎智亜(ならさきともあ)(TEAM au)が17年ワールドカップ(W杯)複合で年間総合1位に輝くなど、本県はこれまでに世界トップ選手を数多く輩出。県内には気軽に体験できる公共施設や民間クライミングジムも増えており、自分のレベルに応じて楽しめる環境が整っている。

 スポーツクライミングは、道具を使わず自然の岩壁を登るフリークライミングがルーツとされ、現在の国内競技人口は約60万人といわれる。「リード」「ボルダリング」「スピード」の三つの種目があり、五輪では3種目の総合得点で争う「複合」で争われる。