プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、栃木県関係では3人が育成指名を受けた。

 白鴎大の大下誠一郎(おおしたせいいちろう)外野手=白鴎足利高出身=がオリックス6位指名。神奈川大の出井敏博(いでいとしひろ)投手=小山市乙女中-埼玉栄高=が西武1位、小山ボーイズでプレーした常磐大高(茨城)の鶴見凌也(つるみりょうや)捕手=茨城県古河市出身=がオリックス5位で入った。同ボーイズ出身選手の指名は初めて。

 主なプロ志望届提出者では白鴎大のラミレス・レンソ内野手=文星付高出身、金子莉久(かねこりく)外野手=国学栃木高出身=が指名漏れ。BCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの選手も指名がなかった。