11月8日告示、15日投開票の宇都宮市長選に5選を目指し立候補を表明している佐藤栄一(さとうえいいち)市長(59)は19日、公約を公表した。(1)次世代型路面電車(LRT)を含め乗り換えがあっても市内公共交通の上限運賃を500円とする(2)現在中学生までの医療費無料化を高校生まで引き上げる-などの内容で、持続可能な都市を目指すという。

 公約は「新型コロナウイルス対策」「子育て・教育の未来都市」「行政基盤と交通の未来都市」など7分野32項目で構成する。

 LRTやバスの上限運賃は、少子高齢化・人口減対策であるネットワーク型コンパクトシティ整備での方策の一つ。佐藤氏は「市民の外出が促進されれば、健康寿命延伸につながる」と述べた。