県は19日、下野市に住む40代会社員男性1人が、県内で新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性はクラスター(感染者集団)が発生した壬生町にある卸販売業の会社で陽性となった同市在住、40代男性の知人。県内で確認された感染者数は計466人となった。

 2人は10、11日、栃木市内の屋内施設で接触した。新たに陽性となった男性は15、16日、宇都宮市内の職場に出勤。県は同市保健所に職場の調査を依頼した。

 県と宇都宮市は19日、計5件の検査を実施した(委託分は未集計)。累計の検査件数は3万4579件。退院は439人、入院者数は27人で重症者はいない。