大きな拍手を浴びた市民ミュージカル「ストロベリィ・クライシス」

 【真岡】地域の人がつくる真岡ミュージカルは9、10の両日、市民会館(市民いちごホール)で、「ストロベリィ・クライシス(イチゴ危機)」を上演した。

 ミュージカルは市が日本一の生産量を誇るイチゴがテーマ。女峰がとちおとめやスカイベリーに嫉妬し「イチゴ界をめちゃくちゃにする」ともくろむが、協力して乗り越えるというストーリーだ。

 1月からレッスンしてきたという小学生~50代の約40人が出演し、約1時間半で全14曲を披露した。観客からは笑いや手拍子が起こり、曲ごとに大きな拍手が鳴り響いた。終演後には、出演者との写真撮影を求める観客でロビーはあふれかえっていた。