道の駅しもつけの手作り弁当=下野市

道の駅どまんなかたぬまの新井屋の味噌まんじゅう=佐野市

道の駅うつのみやろまんちっく村のクラフトビール=宇都宮市

道の駅しもつけの手作り弁当=下野市 道の駅どまんなかたぬまの新井屋の味噌まんじゅう=佐野市 道の駅うつのみやろまんちっく村のクラフトビール=宇都宮市

 飲食、物産など「地域愛」満載の情報発信基地「道の駅」。県内には19市町に24駅が点在している。中でも売上高上位の常連が「しもつけ」(下野市)、「どまんなかたぬま」(佐野市)、「うつのみやろまんちっく村」(宇都宮市)。売り上げのトップを占めるのは3道の駅ともイチゴなどの野菜だが、野菜以外で3道の駅の特徴的な売れ筋をまとめた。

 ■しもつけ■

 年間250万人が訪れるしもつけの1位は手作り弁当。同道の駅内調理室で作る和洋中の「幕の内弁当」は、9種の地元食材を使用する。弁当は常時40種。サラダ、市内飲食店の弁当、総菜も含めると180種に上り、土日祝日になると1千食が売れる。

 「『満足バーガー』はかんぴょうコロッケ、丸大食品関東工場のたまりしょうゆロースハムなどが入る。限定30食は連日完売」(後藤勲(ごとういさお)支配人)という