野球独立リーグ・ルートインBCリーグのプレーオフとなる東地区チャンピオンシップ(CS)が18日、小山運動公園野球場で行われ、前回リーグ王者でAグループ首位の栃木ゴールデンブレーブス(GB)はBグループ首位の神奈川に3-15で大敗し、リーグCS進出を逃した。

 一発勝負の大舞台で栃木GBは投打に振るわなかった。先発の手塚俊二が二回につかまると、堀越歩夢、斎藤誠哉も打ち込まれ三回までに大量10失点。四回以降は若松駿太、比嘉大智、ダニエルの継投で無失点に抑えたが、九回に橋詰循と北方悠誠がさらに5失点を喫した。

 打線も6安打止まり。五回に1死満塁から若松聖覇の中犠飛で1点、六回は新山進也の右越え本塁打で2点を返したが、反撃もそこまで。リーグ連覇はならなかった。