大型ビジョンの前で熱戦を展開する宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンの選手たち=17日午後6時5分、宇都宮市江野町

 新型コロナウイルスの影響で中止となった自転車ロードレースの国際大会「ジャパンカップ(ジャパンC)」の代替イベントとなるオンラインレース「デジタルジャパンC」が17日に初めて開催され、国内外のトップ選手約40人が熱戦を繰り広げた。

 オンラインシステム「ルービー」を使い、世界トップカテゴリーのワールドチーム3チームや宇都宮ブリッツェンなど国内外14チームの所属選手が世界各地から同時に参戦。2017年のジャパンCにも出場した世界的な英雄アルベルト・コンタドール(スペイン)も母国から参加した。

 レースはジャパンCが開催される宇都宮市森林公園周回コース(1周10・3キロ)をリアルに再現した仮想空間が舞台。3周して争い、NTTプロサイクリング(南アフリカ)のコナー・ブラウン(ニュージーランド)が優勝し、那須ブラーゼンの谷順成(たにじゅんせい)が県勢トップの8位でフィニッシュした。

 宇都宮市江野町のオリオンスクエアではパブリックビューイング(PV)も行われ、事前申し込みで集まったジャパンCファン150人が画面越しの熱戦に声援を送っていた。