バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは17日、千葉県の船橋アリーナで同地区の千葉と対戦し、78-87で敗れた。開幕からの連勝は4で止まり、通算成績は4勝1敗。

 ブレックスは第1クオーター(Q)開始から千葉に先行を許したが、ロシター、LJ・ピークらの得点で14-16と食らいついた。第2Qは一時6点リードされた後もロシターの5連続得点などで盛り返し、35-37で折り返した。

 後半は立ち上がりから千葉の勢いに押され気味となり、第3Qで54-60と点差は拡大。第4Qも勝負どころでミスを連発して突き放され、終盤の反撃も及ばなかった。

 次戦は18日午後4時5分から、同会場で千葉と対戦する。