11月8日告示、15日投開票の宇都宮市長選に向けて、宇都宮青年会議所(JC)は16日、立候補予定者による公開討論会を11月3日に同市駒生1丁目のコンセーレで開く方針を発表した。出席者については調整中。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客で実施し、討論の模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信するという。

 JCによると、主な討論のテーマは「新型コロナ対策」や「防災対策」、次世代型路面電車(LRT)整備事業などが含まれる「都市開発」を想定している。

 企画に当たる石原勝経(いしはらよしのり)さん(36)は「視聴回数1千回を目標にし、若年層の投票率アップにつなげたい」と話す。動画は投票日前日の14日まで公開する予定という。

 同市長選には5選を目指す現職の佐藤栄一(さとうえいいち)氏(59)と、新人で弁護士の須藤博(すとうひろし)氏(76)、同じく新人で前市議の西房美(にしふさみ)氏(83)の3人が立候補を表明している。