草紅葉が見頃を迎えた沼原湿原=16日午前8時45分、那須塩原市板室

 栃木県那須塩原市板室の沼原(ぬまっぱら)湿原で、草紅葉が見頃を迎えた。ヤチカワズスゲやニッコウシダなどが一面を染め上げ、秋本番を告げている。

 湿原は那須連山の西端の標高1230メートルに位置し、東西約250メートル、南北約500メートルに広がる。駐車場から山道を15分ほど歩くと到着し、湿原内には木道が整備されている。

 青空が広がった16日はハイカーらが散策し、陽光に照らされた湿原の風景を楽しんだ。埼玉県春日部市から家族3人で訪れた会社員堀川貴史(ほりかわたかし)さん(41)は「夏にも来たが、景色が全然違う。草紅葉が輝いていてきれいですね」と満喫していた。