PR動画に登場するSL大樹のワンシーン(日光市提供)

 人気アニメの映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が16日から公開されるのに合わせ、栃木県の日光市は都内の劇場9カ所で、上映の最初に流れる映像「シネアド」として日光の観光PR動画を流す。

 PR動画は1回15秒間で、映画の舞台が「無限列車」のSLとなることから、市内を運行するSL「大樹(たいじゅ)」の映像を冒頭に盛り込んだ。奥日光・中禅寺湖でのアクティビティーや社寺なども紹介し、「五感に響く旅」「だから、日光」とうたう。

 政府の観光支援策「Go To トラベル」などを踏まえ、首都圏から誘客を図ろうと企画した。幅広い世代にアピールする狙い。

 PR動画は今月29日まで。新宿、渋谷などの集客力の高い主要劇場で計約570回流れる予定。事業費は143万円で、地方創生臨時交付金を充てる方針。

 市観光課は「SLを介して日光の魅力を周知し、少しでも多くのお客さまに来てほしい」としている。