福田富一(ふくだとみかず)知事の5選立候補について、県内25市町長のうち24人が支持する考えであることが14日までに、下野新聞社が全市町長を対象に行ったアンケートで分かった。福田知事は「権腐十年」を信条に掲げるが、政治姿勢などから多選を問題視する声はなかった。4期16年の県政運営についても24人が有事対応などを中心に評価し、「市町重視」を強調する福田知事への好意的な声が相次いだ。

 福田知事は権力の座に居続けると必ず腐敗するという意味の「権腐十年」を政治信条とするが、続投を望む関係者の声などに推されて5選出馬を決断した。

 

 「こうした姿勢を支持するか」との問いに、23人が「支持する」、浅野正富(あさのまさとみ)小山市長が「どちらかといえば支持する」と答えた。