県内の新型コロナウイルスの感染者数

14日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 14日発表の新型コロナウイルス感染者

 県と宇都宮市は14日、県内で30~50代の男女計8人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち6人は壬生町の卸販売業の会社に勤めており、県は県内8例目のクラスター(感染者集団)に認定した。県内の感染者は計452人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 クラスターの内訳は、埼玉県、栃木市、下野市、壬生町に在住の30代男性1人と40代男女5人の計6人。県は、7日に発症した埼玉県在住の40代男性を端緒に、感染が広がったとみている。職場内は換気が悪く、マスクを着けずに会話をすることもあったという。

 職場の規模は社員約100人で、14日までに30人を検査した。県は今後、残りの社員も検査する方針。

 足利市在住の50代男性は、同市内の職場に出勤した5日に発症し、13日に感染が判明した。宇都宮市在住の40代男性は、県外の陽性者との接触があった。

 県と宇都宮市は14日、計28件検査した。累計検査件数は3万4014件(委託分は未集計)。退院は430人、入院者は22人で重症者はいない。