豪快に進むコンバインに乗って稲刈りを体験する園児

 【市貝】赤羽の赤羽認定こども園の年長児24人が13日、園近くの田んぼでコンバインに乗って稲刈りを体験した。

 同所、農業飯田勝市(いいだかついち)さん(45)が、子どもたちにコメがどのように作られるかを知ってほしいと、毎年園児を稲刈りに招いている。園児たちは、飯田さんの父喜代市(きよいち)さん(68)が運転するコンバインに2人ずつ乗せてもらい、たわわに実った「ゆうだい21」を豪快に刈り取る様子を運転台から食い入るように見ていた。

 笹島慶悟(ささじまけいご)ちゃん(6)は「楽しかった。お米を食べるのが楽しみ」と笑顔を見せ、石川夢音(いしかわゆめと)ちゃん(6)は「動いてすごかった」と目を丸くしていた。