青藍泰斗-足利南・栃木農1回戦 後半4分、青藍泰斗のMF藤本が先制ゴールを決める=下野市大松山運動公園陸上競技場

 第99回全国高校サッカー選手権大会栃木大会は14日、下野市大松山運動公園陸上競技場ほかで開幕し、1回戦15試合を行った。宇都宮工が15-0で鹿沼南に大勝したほか、黒磯は4-2で作新学院に逆転勝ちした。

Web写真館に別カットの写真

 足利清風-足利は延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に足利清風が接戦を制した。青藍泰斗は後半30分までに3点リードしたものの、終盤に合同チーム足利南・栃木農の猛追を受け、3-2で辛くも逃げ切った。このほか宇都宮東、烏山、茂木、益子芳星なども勝利を収めた。

 大会は台風14号の影響で10日の開幕がこの日に延期となっていた。大会第2日は17日、2回戦16試合を行う。