延長九回タイブレーカー、ホンダ・塚本の勝ち越し適時打で生還した二走の杉本(5)を仲間が迎え入れる=県営球場

9回1失点の好投を見せたホンダの先発右腕カーダ

延長九回タイブレーカー、ホンダ・塚本の勝ち越し適時打で生還した二走の杉本(5)を仲間が迎え入れる=県営球場 9回1失点の好投を見せたホンダの先発右腕カーダ

 ソフトボールの日本リーグ女子1部第8節の宇都宮大会は11、12の両日、県営球場で行われ、栃木県のホンダは2戦とも延長タイブレーカーの接戦を制し、3連勝を飾った。通算4勝3敗で順位は5位のまま。

 11日の戸田中央総合病院戦は2-1で勝利。延長八回1死二塁から巽麗菜(たつみれな)が中越え2点本塁打を放ち、これが決勝点となった。投げては先発右腕ジェイリン・フォードが毎回走者を出しながらも8回を被安打5、1失点の粘投を見せた。

 12日のデンソー戦は1点を追う六回、2死二塁から杉本梨緒(すぎもとりお)の遊撃内野安打に失策が重なり同点。延長九回に塚本蛍(つかもとほたる)の適時二塁打で勝ち越しに成功し、2-1で競り勝った。今季初先発の右腕アリー・カーダも多彩な球種で相手打線を翻弄(ほんろう)。再三のピンチを背負ったが9奪三振であと一本を許さなかった。

 ホンダの次戦は17日午後1時から、名古屋市のパロマ瑞穂野球場で1位トヨタと対戦する。