増田のポイント圏内でのフィニッシュを喜ぶファンたち=宇都宮市江野町

 宇都宮ブリッツェン勢が出場した国際レースのパブリックビューイングが12日、宇都宮市江野町のオリオンスクエアで開かれ、約130人のファンが声援を送った。

 増田成幸(ますだなりゆき)の東京五輪代表切符獲得へ向けた大一番。仕事終わりに駆けつけた宇都宮市、会社員弘中晴美(ひろなかはるみ)さん(38)は「絶対五輪に行ってほしい」と祈るような表情。増田が20位でフィニッシュすると、会場は大きな歓声に包まれた。

 チーム運営会社の柿沼章(かきぬまあきら)社長は「今回だけが特別なレースではなく、ここまでつなげてくれたみんなの団結力。選手たちに感謝しかない」と目を赤くしていた。