トレーニングの一つを紹介するオリンピアンの高尾さん=宇都宮東高付属中

 東京五輪・パラリンピックの機運醸成を図るため、日本オリンピック委員会(JOC)が全国各地で開催している出前授業「オリンピック教室」が12日、宇都宮東高付属中で県内で初めて開かれ、オリンピアンが五輪の価値などを生徒に伝えた。

Web写真館に別カットの写真

 同校を訪れたのはともに冬季五輪代表で、2006年トリノ大会ボブスレーの長岡千里(ながおかちさと)さん(44)と14年ソチ大会スキーフリースタイルの高尾千穂(たかおちほ)さん(36)の2人。2年生を対象に運動と座学に分けて行われ、約100人が参加した。