後半27分、シュートを外し悔しがる栃木SCのFW森(右)=NACK5スタジアム大宮

前半38分、ゴール前で相手と競り合う栃木SCのFW矢野(中央)=NACK5スタジアム大宮

後半39分、ゴール前に攻め込む栃木SCのFW森=NACK5スタジアム大宮

後半27分、シュートを外し悔しがる栃木SCのFW森(右)=NACK5スタジアム大宮 前半38分、ゴール前で相手と競り合う栃木SCのFW矢野(中央)=NACK5スタジアム大宮 後半39分、ゴール前に攻め込む栃木SCのFW森=NACK5スタジアム大宮

 明治安田J2第25節は10日、各地で9試合を行い、栃木SCはさいたま市のNACK5スタジアム大宮で大宮と対戦、0-0で引き分けた。通算成績は9勝7分け9敗の勝ち点34。順位は11位に後退した。

 栃木SCは開幕から全試合に出場していたFW明本考浩(あきもとたかひろ)が累積警告で欠場。前半は相手にボールを握られる展開が続いたが、DF瀬川和樹(せがわかずき)らがタイトなマークで対応。攻撃は前線へのラストパスがつながらず決定機をつくれなかったものの、ロスタイムに相手MFの強烈なミドルシュートをGKオビ・パウエル・オビンナが止め、無失点で折り返した。

 後半は4分にカウンターからFWエスクデロ競飛王(せるひお)がシュートを放ったが、相手GKが好セーブ。以降も前線のエスクデロにボールを集めて相手を押し込んだが、27分のFW森俊貴(もりとしき)のシュートは枠外、42分のDF溝渕雄志(みぞぶちゆうし)のシュートはクロスバーをたたくなど、好機を得点につなげることができなかった。

 栃木SCの次戦は14日午後7時から、県グリーンスタジアムで山形と対戦する。