福田富一(ふくだとみかず)知事は9日、県議会9月通常会議最終日の本会議で、県の2021年度当初予算編成方針を説明し、新型コロナウイルスの影響などにより、財政収支見込みで約109億円の財源不足が見込まれることを明らかにした。

 本年度の財政状況については、新型コロナの影響などによる県税収入の減少で「当初予算計上額を大きく下回ることが見込まれるなど、極めて厳しい状況にある」と危機感を示した。