5連覇が懸かる男子400メートルリレーで中心となる作新の中里=5月の県高校総体より

 全国高校総体(インターハイ)の予選を兼ねた関東高校陸上大会が15~18日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で開かれる。大会は関東8県(山梨を含む)を南北2ブロックに分け、本県勢は群馬、茨城、埼玉3県の精鋭としのぎを削る。有望種目を中心に大会を展望した。

 優勝に最も近いのは女子七種競技で前回女王の梶木菜々香(かじきななか)(国学栃木)。県予選でたたき出した4669点は北ブロックで頭一つ抜けており、優勝筆頭候補に挙げられる。100メートル障害でも上位を狙える位置におり、複数種目で活躍が期待される。