ブレックスに新入団したピーク=県庁記者クラブ

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスは8日、県庁記者クラブで今季加入した米国人スモールフォワードLJ・ピーク(24)=196センチ、98キロ=の入団会見を開いた。背番号5でメディカルチェックが完了し次第、選手登録される。ピークは「ブレックスで戦えることをうれしく思う。早くコンディションを上げていき、優勝の力になりたい」と意気込みを語った。

 ピークは2015年にU19米国代表で世界選手権優勝の経験があり、米プロNBAの下部リーグでプロデビューし、その後イタリアなどでプレーした。会見に同席した鎌田真吾(かまたしんご)ゼネラルマネジャーは「身長があり、守備の意識も高い。ウイングポジションの強化」と獲得の狙いを説明した。