食品ロスゼロを目指しクッキーなどを半額で販売している市庁舎店

 国の食品ロス削減月間に合わせ、障害者就労支援のカフェ「hikari no cafe(ヒカリノカフェ)」を運営する大田原市中田原の社会福祉法人エルム福祉会は、市役所1階の市庁舎店で「もったいない ありがとう運動」キャンペーンを行っている。

 賞味期限が迫ったクッキーなどの商品を半額で販売し、売り上げ全額を「フードバンク県北」に寄付する初の取り組み。販売は、カフェの営業終了後の午後3時~3時半で、土日は定休。1日からキャンペーンを開始し、7日までの5営業日の売り上げは計8千円。