青色の観覧車が設置される「日光ランドマーク」のイメージ図(JP社提供)

建設工事が進められている「日光ランドマーク」

青色の観覧車が設置される「日光ランドマーク」のイメージ図(JP社提供) 建設工事が進められている「日光ランドマーク」

 【日光】今市の中心市街地に来年4月1日オープン予定の複合商業施設「日光ランドマーク」の建設が着々と進んでいる。注目されている屋上の観覧車は同2月にお目見えする見通し。

 日光ランドマークは「とちぎ薬局」などを展開するジェイピー(JP、宇都宮市伝馬町、渡部智次(わたべともつぐ)社長)が同社の商業ビル「ショッピングプラザ日光」の第2駐車場で昨年10月に着工した。同ビルは日光ランドマーク完成後の来年5月以降、解体工事が始まる予定。

 3階建て(一部4階建て)の新施設の屋上に設置される観覧車は、直径約25メートル。景観に配慮して色は青で統一する。4人乗りのゴンドラが16基あり、うち1基は壁や天井などが透明のスケルトンになるという。最高地点は地上から約40メートルに達し、日光連山を一望できる絶景スポットとして人気を集めそうだ。