栃木県栃木市は6日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めに遭い仕事を失った人を対象に、職員採用試験を行うと発表した。応募期間は14~27日。市によると、新型コロナ関連の失職者支援を目的とした正職員の採用は、県内では異例という。担当者は「同様の取り組みが他自治体に広まる契機になれば」と話した。

 通常の採用試験とは別に2人程度を募集する。昨年10月の台風19号の災害復旧で必要な土木、建築関係職員などの人材確保を図る。

 対象は4月1日以降、新型コロナの影響で離職や廃業、内定取り消しとなった人。少しでも早く働けるよう試験日程を短縮し、来年2月1日付で採用する予定。4月卒業見込みの学生は同月1日付の採用となる。

 募集職種は一般事務と土木、建築。離職に関する証明書などを郵送し、応募する。1次試験は11月7日。(問)同市職員課0282・21・2351。