市貝ウイングス-宇都宮ドリーム準決勝 6回、宇都宮ドリームの野中がスクイズを決める=県営A球場

植野クラブ-姿川第一クラブ準決勝 6回、姿川第一クラブの漆原がタイムリースリーベースを放つ=県営A球場

3位の市貝ウイングス

3位の植野クラブ

市貝ウイングス-宇都宮ドリーム準決勝 6回、宇都宮ドリームの野中がスクイズを決める=県営A球場 植野クラブ-姿川第一クラブ準決勝 6回、姿川第一クラブの漆原がタイムリースリーベースを放つ=県営A球場 3位の市貝ウイングス 3位の植野クラブ

 「高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント栃木県メモリアル大会」(県野球連盟、下野新聞社主催)第9、10日は3、4日、宇都宮市の県営A球場ほかで準々決勝と準決勝を行い、宇都宮ドリームと姿川第一クラブの宇都宮勢が決勝へ駒を進めた。

◇栃木県学童軟式野球特集

 宇都宮ドリームは準決勝で市貝ウイングス(市貝)と対戦。三回に市貝に先制され追い掛ける展開となったが、六回に好機を逃さず3点を挙げ逆転。投げては大柿駿斗(おおがきはやと)、古山開土(ふるやまかいと)の投手リレーで相手打線を抑え、3-1で競り勝った。

 姿川第一クラブは植野クラブ(佐野)相手に打線がつながった。二回に湯浅大輝(ゆあさだいき)のスリーランホームランなどで5点を先行。その後もリードを広げ、粘る植野クラブに10-3と快勝した。

 大会最終日は11日午前9時から、小山運動公園本球場で決勝を行う。