ヒアリの正しい知識を 栃木県立博物館が標本展示

 国内で相次いで発見され、関心が高まっている強毒アリ「ヒアリ」を紹介する「ヒアリ展」が29日、県立博物館のエントランスホール(無料スペース)で始まった。ヒアリの標本4体が展示されている。9月10日まで。

 ヒアリは南米原産で体長2・5ミリ~6ミリ。頭部から胸部にかけ赤茶色で腹部は黒っぽい。今年5月、兵庫県の神戸港に到着した貨物船のコンテナ内で見つかって以降、東京や愛知などでも確認されている。

 会場では標本展示と併せ、その特徴などを解説。同じヒアリでも大きさに違いがあることなどを紹介している。同館の周囲で見つけたクロヤマアリ、アミメアリなど9種類の在来アリの標本も展示し、比較できるようにした。在来のアリはヒアリの侵入を防ぐと期待されているという。