記事スクラップ、楽しく体験 本社主催「しもつけ親子新聞教室」に11組 

 しもつけ夏休み親子新聞教室(下野新聞社主催)が28日、下野新聞社で開かれ、県内の小学生、幼稚園児と保護者ら11組29人が新聞スクラップ作品づくりに挑戦した。

 県NIEアドバイザーで宇都宮市豊郷中央小教諭の堀内多恵(ほりうちたえ)さんが講師を務め、記事を選ぶポイントやレイアウトの工夫、見出しの付け方などをアドバイスした。

 参加者は興味のある記事を切り抜いて集め、スポーツや自然、行事のほか、輝いているもの、明るいニュース、夏の食べ物などと自由にテーマを決め、模造紙に貼り付けた。世界に一つだけのオリジナル作品を親子で楽しく仕上げた。