講演後、歌声を披露する桃花さん

 【高根沢】塩谷南那須地区教育委員会連合会(森島仁(もりしまひとし)会長)の研修会が2日、町民ホールで開かれ、元宝塚歌劇団雪組の桃花(ももはな)ひなさんが「私と宝塚」と題して講演した。

 桃花さんは、4回目の挑戦で入校した宝塚音楽学校時代を振り返り、「ある程度の厳しさとつらい経験は、後に役立つ」と説明。「目標を紙に書くことや、どんなことでも楽しむという気持ちが大切」と話した。

 約1時間の講演後にはソロで「アメイジング・グレイス」を披露。その後、かつての同僚2人と共にホールに美声を響かせた。

 講演は森島会長の仲介で実現。各市町の教育委員会関係者など、54人が参加した。研修は密の回避のため定員274席中、約5分の1を使用。検温や消毒、換気を行った。