自転車ロードレースのJプロツアー(JPT)第12戦「おおいたいこいの道クリテリウム」は3日、大分市の大分いこいの道周辺特設コース(1キロ×45周=45キロ)で行われ、県勢は那須ブラーゼンの渡辺翔太郎(わたなべしょうたろう)の7位が最高だった。

 宇都宮ブリッツェン勢は小坂光(こさかひかる)の27位が最高。沢田桂太郎(さわだけいたろう)(ブリヂストン)が1時間1分22秒で優勝した。

 4日は大分市内でJPT第13戦「おおいたロードレース」が開かれる。