第4クオーター3分、ブレックスの比江島が3点シュートを決める=ブレックスアリーナ宇都宮

今季リーグ開幕戦を白星で飾り、観客からの声援に応えるブレックスの選手たち=3日午後5時15分、ブレックスアリーナ宇都宮

第4クオーター3分、ブレックスの比江島が3点シュートを決める=ブレックスアリーナ宇都宮 今季リーグ開幕戦を白星で飾り、観客からの声援に応えるブレックスの選手たち=3日午後5時15分、ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは3日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区の琉球と今季開幕戦を行い、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の14得点の活躍などで73-61で快勝し、2季ぶりに開幕戦を白星で飾った。

 ブレックスは第1クオーター(Q)序盤は硬さが目立ち、琉球に4点を先行された。それでも徐々にリズムをつかみ、遠藤の3点シュートなどで追い上げ、さらにジェフ・ギブスの連続得点で17-14と逆転。第2Qは一進一退が続いたが、比江島慎(ひえじままこと)らの得点でリードをキープし、30-25で前半を折り返した。

 第3Qは激しい守備からの攻撃で主導権を握り、鵤誠司(いかるがせいじ)、比江島らの得点でリードを広げて54-41。第4Qは比江島が2本の3点シュートを決めるなど躍動し、粘る琉球を振り切った。

 次戦は4日午後3時5分から、同会場で琉球と対戦する。