最優秀賞に選ばれた宮さんの「カルシウムたっぷり高野豆腐イタリアン」

 県牛乳普及協会は3日、牛乳や乳製品に親しんでもらうため、県内の高校生を対象にした牛乳料理コンクールを宇都宮市内で開いた。応募があったオリジナルレシピ計189点の中から、書類選考を通った10人が実技を行い、最優秀賞には矢板高3年宮愛莉(みやあいり)さん(18)が選ばれた。

 宮さんの料理は「カルシウムたっぷり高野豆腐イタリアン」。高野豆腐を牛乳で戻したり、切り込みを入れてホウレンソウやチーズを挟んだりして、栄養面や食感に工夫を凝らし、審査員から高評価を受けた。

 宮さんは「最優秀賞を取れると思っていなかったのでうれしい。今後の自分のレベルアップに生かしていきたい」と話した。審査員を務めた音羽創(おとわそう)シェフは閉会式で「この経験を一つの糧として、これからも頑張ってください」と講評した。