Mr SAKE準グランプリとして活動を開始した富沢さん

 「日本酒を誰よりも愛する男子」が選ばれる「2020Mr SAKE(ミスター サケ)」準グランプリで福島県出身の大学4年富沢武士(とみざわたけし)さん(32)=大阪市=が2日、日本酒の普及活動をさくら市内で開始した。東日本大震災を契機に両親が市に移り住んだことから、“第2の故郷”となる市を活動のスタート地とした。富沢さんは「さくら市への恩返しも含め、栃木の日本酒PRなどに携わりたい」と話している。

 福島県双葉町出身の富沢さんは、大学院修了後に外資系会社勤務などを経験。現在は大阪歯科大で学ぶ傍ら、「日本肺癌(がん)学会広報大使」なども務めている。実家は2011年3月の大震災で被災した。