11月8日告示、15日投開票の宇都宮市長選に立候補の意思を示している新人で弁護士の須藤博(すとうひろし)氏(76)と立憲民主党など野党4党が政策協定を結ぶ見通しになったことが、2日までに分かった。協定には須藤氏が訴えているJR宇都宮駅東側の優先整備区間で進んでいる次世代型路面電車(LRT)整備工事の一時凍結などの内容を盛り込む見通し。

 4党は立憲民主、共産、社民、新社会の県内各党。11日にも正式決定するとみられる。政策協定には、新型コロナウイルス感染症対策として医療体制の拡充などの項目も含む方向で検討している。

 須藤氏は政治団体「あたらしい宮づくりの会」を設立。1日に県選挙管理委員会に届け出た。同団体の基本政策は、LRTの駅西側延伸の中止なども掲げているが、4党との協定に入るは未定。須藤氏は4党との共闘について、「政策が一致するのであれば、やるべきだ」と述べた。

 野党関係者も「政策合意に向けた流れは確認できた」とした上で、「細部に関しては、合意を前提に各党が党内での協議を重ねていく」と話している。