宇都宮市は1日、市が2017年3月以降に発注した公共建築工事34件の費用積算額に計算ミスがあった、と発表した。うち26件は既に工事が完了。残り8件も着工しており、関係者の了解を得て工事は継続するという。

 市によると、工事は学校や生涯学習センターの施設改修など。国の積算基準見直しに伴い、市も17年3月に改定したが、職員が誤って改定前の数値で計算。本来より1件当たり数十万~数百万円低く算出した。