東京証券取引所のシステム障害で株式売買が停止したことを受け、県内関係者からは株取引の機会喪失に困惑したり、日本の株式市場の先行きを懸念したりする声が上がった。

 県商工会議所連合会の藤井昌一(ふじいしょういち)会長は「(証券取引所の)システム障害は、海外では結構あることと聞いている」と冷静に受け止めている。

 しかし投資家にとっては株取引の機会がなくなり、「非常に困ったことだ。当社(社長を務める宇都宮市の藤井産業)も上場会社だが、株主さまの中にはお困りになっている方もいると思う。一刻も早く復旧してほしい」と注文した。

 宇都宮市の機械メーカー財務担当者は「終日取引できないということは私自身、記憶にないことなのでびっくりしている。海外投資家からの信任の低下や日本のマーケットが冷え込まないか心配」と気をもんでいた。