容疑者が提示したとされる偽の警察手帳=30日午後、宇都宮中央署

 偽造された警察手帳を提示したとして、宇都宮中央署は29日、公記号不正使用の疑いで、東京都渋谷区、自称会社員(29)を逮捕した。県警によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。偽の警察手帳を使用したとされる事件の摘発は、県内で初めて。 

 逮捕容疑は同日午後4時半ごろ、宇都宮市福岡町の住宅街で、声を掛けてきた60代男性に偽の警察手帳を示した疑い。

 同署によると、事件当時、容疑者は現場周辺で、複数の家をのぞき込むなどしており、不審に思った男性が「何をしているんですか」と声を掛けたという。容疑者は「警察の者です。詐欺事件の関係で女性を探している」などと言いながら警察手帳を示したという。男性は、容疑者の行動が不審だったため110番した。

 容疑者は同署の調べに対し、「他の場所で特殊詐欺をやった」という趣旨の供述しており、県警は特殊詐欺グループの一員の可能性もあるとみて捜査している。

 刑法では、偽の警察手帳などを不正に使用した場合、懲役3年以下の罰則が定められている。