デジタルスタンプラリーの試行版サイト

 足利青年会議所(JC)は3~24日、足利市の鑁阿(ばんな)寺や史跡足利学校周辺の石畳通りなどで「ぶらっとまちなかデジタルスタンプラリー」を開催する。スマートフォンを手にクイズに答えながら街を歩くイベントで、新型コロナウイルス禍でも楽しめるよう工夫を凝らした。

 同JCは例年、秋にはマルシェなどのイベントを開いてきたが、今秋は中止を余儀なくされている。その代わりとして、はんこを手に取らなくてもいいデジタルスタンプラリーを企画。密集を避けられるよう、会期も長めに設定した。

 スマホで専用QRコードを読み込んで専用サイトにアクセスし、チェックポイントに掲示されたクイズの解答を入力するとスタンプがもらえる仕組み。チェックポイントは観光スポット、商店など20カ所以上になる予定で、スタンプを12個、または全て集めて応募すると、抽選で参加店提供の景品が当たる。

 担当した同JC活気汪溢(おういつ)委員会の岡ノ谷武(おかのやたけし)委員長(34)は「市内の代表的なスポットを楽しく、気軽に歩いて、街の魅力を知ってほしい」と話している。スタンプを集めるサイトには3日午前10時以降、アクセスできる。(問)同JC0284・42・6300。