10番でティーショットを放つ作新の前田=那須野ケ原CC

 ゴルフの関東高校選手権決勝大会は12日、男子が大田原市の那須野ケ原CC(6710ヤード、パー72)、女子が琵琶池GC(6197ヤード、パー72)で団体の部最終日を行い、男子の作新が通算1アンダー、431で3位に入り、6位の佐野日大とともに全国大会の出場権を獲得した。

 決勝は2日間36ホールで行われ、各校4人のうち各日上位3人の合計スコアで争った。初日首位の作新は前田光史朗(まえだこうしろう)が1イーグル、5バーディー、3ボギーの68でけん引したが、大きくスコアを伸ばした佐久長聖(長野)、埼玉栄(埼玉)に逆転された。

 佐野日大は通算10オーバー、442。岡部開斗(おかべかいと)が6番(パー3)でホールインワンを達成した。女子の文星女は16オーバー、448の9位で、8位までの全国大会出場枠に1打及ばなかった。

 全国大会は8月5~11日、茨城県行方市のセントラルGCで開かれる。