敗者復活1回戦 初回、エイジェックの椿(右)が左中間に先制の2点本塁打を放ち、仲間に迎えられる=太田市運動公園野球場

敗者復活1回戦の初回、エイジェックの椿が左中間に先制の2点本塁打を放つ=太田市運動公園野球場

敗者復活1回戦 初回、エイジェックの椿(右)が左中間に先制の2点本塁打を放ち、仲間に迎えられる=太田市運動公園野球場 敗者復活1回戦の初回、エイジェックの椿が左中間に先制の2点本塁打を放つ=太田市運動公園野球場

 第91回都市対抗野球2次予選の北関東大会は29日、群馬県の太田市運動公園野球場で開幕、本県2位のエイジェック(小山市)は1回戦で茨城2位の日本製鉄鹿島(鹿嶋市)に0-2で惜敗した。エイジェックは第2代表を決める敗者復活戦に回り、1回戦で茨城4位のJR水戸(水戸市)に7-1で大勝して2回戦へ駒を進めた。

 エイジェックは1回戦で散発4安打。五回まで毎回走者を出したが相手投手の変化球を捉えきれず、4人の継投で5安打2失点の投手陣を援護できなかった。敗者復活1回戦では初回に主砲椿大(つばきだい)が2点本塁打を放って先制。1点リードの六回に2死満塁から押し出し四球と、柳沼健太郎(やぎぬまけんたろう)の右前適時二塁打などで一挙4得点して突き放した。

 大会第2日は30日、同会場で1回戦2試合と敗者復活1回戦を行い、午前8時半から本県1位の全足利クラブ(足利市)が茨城3位の茨城トヨペット(水戸市)と1回戦で対戦する。