掛け声に合わせ拳を上げる佐藤市長(左から2番目)ら=29日夕、宇都宮市内

 11月15日投開票の知事選と宇都宮市長選に向け、自民党宇都宮市連合会と同市議会の公明党議員会は29日、福田富一(ふくだとみかず)知事(67)と佐藤栄一(さとうえいいち)市長(58)を支援する議員団を結成した。

 両氏の5選を目指し両党の連携を強固にしようと初めて結成。宇都宮市内で行われた結成式には、福田知事、佐藤市長を含め約40人が出席した。

 団長に選ばれた同市議会自民党議員会の熊本和夫(くまもとかずお)会長は市長選について「前回の選挙は勝ったが、悔しい思いをした。やるべきことをやれば必ず市民の方に理解してもらえる」とあいさつした。

 福田知事は勝利に向けて決意を表明し、佐藤市長は「皆さまの力を借りながら市民のためのまちづくりを続けたい」などと述べた。