インターネットで生中継しながら行われた抽選会=下野新聞社

 第49回U-10県少年サッカー選手権大会(県サッカー協会、下野新聞社など主催)は22日、下野新聞社でオンライン組み合わせ抽選会を行い、出場を表明した117チームの対戦カードが決定した。大会は「県少年サッカー選手権大会ジュニアの部」から名称を変更。数ブロックに分かれ複数の優勝チームが決まっていたこれまでの大会方式を変更し、頂点に立つ1チームを決める。

 開催は延べ3日間。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため地区予選などは行わず、10月11日に全チームが38ブロックに分かれて10会場で1次リーグを実施。勝ち抜いたチームは18日からの決勝トーナメントに駒を進め、24日に決勝などを行う。

 抽選会では各地区の代表者が代理で各チームの番号を引き、1次リーグの組み合わせを確定させた。また、その模様が下野新聞社の動画配信サイト「Movemate(ムーブメイト)」でも生中継された。

 県サッカー協会の星野務(ほしのつとむ)会長は「参加する全ての選手がコロナの影響に負けることなく、サッカーができることに感謝をし、リスペクトの精神を忘れることなく、一戦一戦全力でプレーしてほしい」などとあいさつした。

◇1次リーグ組み合わせはこちら