投球術が光る全足利のベテラン左腕・黒沼

勝負強い打撃に期待がかかるエイジェックの主砲・椿

投球術が光る全足利のベテラン左腕・黒沼 勝負強い打撃に期待がかかるエイジェックの主砲・椿

 第91回都市対抗野球2次予選の北関東大会が29日、群馬県の太田市運動公園野球場で開幕する。大会には茨城県から4チーム、栃木と群馬両県から各2チームの計8チームが出場し、2枚の本選切符を争う。県勢は全足利クラブとエイジェックが出場し、2014年の全足利クラブ以来の本選出場を狙う。強豪実業団チームに挑む両チームの戦力を紹介する。

■ベテラン左腕復活に光明 全足利クラブ

 昨年、2戦2敗を喫した宿敵・エイジェックに7月の足利市長杯決勝、8月の都市対抗県大会決勝で連勝した全足利クラブ。勢いを持って臨む北関東大会へ向け、椎名博士(しいなひろし)監督は「企業チームに勝つにはミスしないこと。先に点を与えず、相手の焦る展開をつくりたい」と青写真を描く。

■投手軸にロースコア狙う エイジェック

 昨年、都市対抗大会に初参戦したエイジェックは初戦で日本製鉄鹿島(茨城2位)と対戦。4年連続で本戦に出場している強豪との対戦に青野達也(あおのたつや)監督は「相手は社会人野球の雄。胸を借りるつもりでぶつかる」と闘志を燃やす。