県内の運転免許返納者数の上半期比較

 県内で今年上半期(1~6月)に運転免許証を自主返納した人数は4041人に上り、過去最多となったことが28日までに、県警への取材で分かった。前年同期に比べ135人増え、初めて4千人を超えた。県警運転免許管理課は「身体機能の低下や家族の勧めで自主返納する人が多い。返納への理解が進み、抵抗感がなくなってきているのではないか」としている。

 同課によると、自主返納者数は1~4月に600~800人台で推移。4カ月累計では、前年同期より779人を上回っていた。