東京都庁

 東京都は28日、新型コロナウイルスに感染していた70代から90代の男女6人が死亡したと発表した。死者の累計は406人となった。新規感染者は78人が報告され、累計は2万5335人。入院中の患者は前日より44人増えて1198人となり、うち重症者は3人減の26人だった。

 都によると、死亡した70代と80代の女性は新型コロナと別の疾患で入院した医療機関で、80代と90代の男性は高齢者施設で感染した。ほか2人は感染後に入院していた。

 新規感染者では20代が26人、30代が15人で半数以上を占めた。感染経路が判明した40人のうち、家庭内が10人で最多。