賭博開帳図利容疑などで逮捕された神戸山口組系宅見組幹部山本千束容疑者(中央)=28日午前、警視庁浅草署

 東京・六本木で違法カジノ店を開き、客にバカラ賭博をさせたとして、警視庁組織犯罪対策4課は28日までに、賭博開帳図利容疑などで、特定抗争指定暴力団神戸山口組系宅見組幹部山本千束容疑者(70)=東京都港区三田=ら男3人を逮捕した。

 組対4課によると、山本容疑者は昨年1月から雑居ビルの一室で会員制カジノ店を経営し、数百人の会員がいたとみられる。同課はこれまでに約4億8千万円を売り上げ、暴力団の資金源にしていたとみて調べる。山本容疑者は「自分はやっていない」と容疑を否認している。

 今年7月に警視庁が店長ら9人を逮捕し、その後の捜査で今回の3人の容疑が浮上した。