オンラインで今季の意気込みを語るブレックスの田臥主将(左)。右は琉球の田代主将

 プロバスケットボールBリーグ2020-21シーズンのティップオフカンファレンスが27日、オンライン上で初めて開催され、B1全20チームの主力選手らが開幕対戦カードごとに出演した。B1東地区宇都宮ブレックスの田臥勇太(たぶせゆうた)主将が取材に応じ、「コロナ禍の大変な状況でバスケができることに感謝しながらプレーしたい」などと意気込みを語った。