第1ピリオド24秒、バックスのFW斎藤(中央)が先制ゴールを決めて仲間と喜ぶ=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは27日、日光霧降アイスアリーナで今季リーグ新加盟の横浜とプレシーズンゲーム(PSG)を行い、6-2で快勝した。

 バックスはGK福藤豊(ふくふじゆたか)が今季初先発した。第1ピリオド開始24秒、DF佐藤大翔(さとうひろと)のアシストでFW斎藤哲也(さいとうてつや)が先制ゴール。14分11秒にはFW鈴木雄大(すずきゆうた)が追加点を挙げた。

 第2ピリオド3分9秒にDF石川貴大(いしかわたかひろ)のシュートでリードを広げたが、直後に失点。それでも相馬秀斗(そうましゅうと)、伊藤剛史(いとうごうし)の両DFが得点して主導権を渡さなかった。第3ピリオドは11分に1点を返されたが、16分19秒にFW古橋真来(ふるはしまくる)がダメ押しのゴールを奪った。

 バックスは10月3日午後5時から、青森県八戸市で東北とPSG最終戦を行う。